腰痛でいろんな器具を試したけど効果なし。寝るだけで腰痛対策

健康

1.腰痛対策の器具はいろいろあるけどやらないと意味がない。

 

腰痛があって毎日起き上がるのもつらい。

ぎっくり腰をやってから激しい痛みはないけどずっと腰がだる重いような痛みがある。

仕事で疲れが溜まってくると腰が痛くなってくる。

通勤中の電車で立っていられないほど腰痛が強くなってきて会社までの移動もつらい。

サービス業で立ちっぱなしで接客しないといけないけど1日の後半になると腰痛がひどくなって接客に集中できなくなってくる。表情には出せないから我慢しながら頑張って仕事をしているけど帰ってからの家事は雑になってしまう。

デスクワークでパソコンに向かって集中して作業しないといけないけど、作業中にだんだん腰が痛くなってきて集中できずにミスってしまうことがある。上司に訴えても怠けているだけだと言われつらい。

腰痛がよくなるかと思って運動してみたけど長続きしない。

運動中でも腰痛が出てきて運動どころではなくなってしまう。

腰痛をなんとかしたいと思って腹筋を鍛える器具やマッサージ器具を買ってやってみたけど効果が感じられない。

腰痛でお悩みの方。腰痛の対策としていろんな器具がありますが、あまり効果がないという方。運動や筋トレは続かないからもっと簡単な方法で腰痛対策ができればいいのにって思いませんか?

寝るだけで腰痛対策ができるなら簡単にできそうですよね。

2.腰痛持ちだった私の経験  

私もギックリ腰の経験があります。

学生のころ昼間のガソリンスタンドと夜の居酒屋のバイトを掛け持ちしていたときでした。

居酒屋のバイトを終えて、くたくたで家に帰り風呂に入るときでした。風呂フタを持ち上げたときに腰にズキっと電気が走ったような激痛が来ました。そのまま中腰姿勢で動けなくなりました。

あのときの痛みと恐怖は忘れられません。はじめの痛みはだんだんと和らいでいきましたが、重だるい痛みが残り、ときどき強い痛みも出るようになりました。

昼間のガソリンスタンドやめましたが、居酒屋のバイトは続けていました。それでも立ち仕事をずっと続けると腰の重だるい痛みが出て接客に集中できなくなってきました。

なんとかよくしたいと思って友人の紹介で接骨院に行ってみることにしました。

通い始めのころはあまり効果が感じられませんでしたが少しずつよくなり2ヶ月で終了しました。

腰痛が改善したのはよかったです。

それでも接骨院は1回7000円それを週2回で2ヶ月。お金も時間もかかります。

自分でできてもっと簡単な方法があればいいのにって思います。

慢性的な腰痛に悩まされている方であれば、悩んでいる期間も私より長いし、いろんな症状がでたりするんじゃないでしょうか。

その中でいろんな器具を試したり、接骨院やマッサージに行ったりした経験もあるんじゃないでしょうか。

時間とお金をかけても腰痛がよくならないのってつらいですよね。

3.腰痛がひどくなる前に始めましょう      

私が勤務する病院にも腰痛の悩みをかかえた患者さんはたくさん来ます。

その方の症状に合わせて腰痛の出にくい姿勢や改善のために運動を指導していきます。

病院に来院されたときにはみなさんやる気があって、なんとか腰痛を改善させたいという思いでリハビリに励んでくれます。

指導した運動を正しく行えているか毎回確認し、修正してきますが中々うまくできなかったり

忙しい仕事や家事の合間で運動を行うのは大変で続かない方もいます。

でも何もやらないでいると腰痛が改善しないばかりか、よくない習慣を続けることで腰痛が悪化することもあるのです。

病院に来院してリハビリを受けるくらいの方はかなり悪くなってから来る方も多く改善するまでに時間がかかります。

腰痛の原因はもともとの生活習慣や運動不足が関係していることもあるので長年の習慣を変えるのもハードルが高いようです。

悪い習慣を変えられない。変えられないから腰痛もよくならない。

腰痛がひどくなって痛いから動かなくなる。その状態で年を重ねていくと、腰痛がよくなる方へ向かう機会を失ってきます。若いころのように体力もなくなってきて何年もリハビリに通っている方もいらっしゃいます。

ひどくなる前にできることからやっていくことが大事です。

4.自分に合った方法でないと続きません。

4ー1:慢性的な腰痛には成功体験が大事

腰痛の85%は原因不明と言われます。病院に行っても腰痛の原因はわからないことが多く治療方法が見つからない場合もあるのです。

慢性的な痛みも出る病気や怪我全般に言えることですが、慢性的に痛みを感じているとその体験は脳に残り、さらに痛みに対して過敏になっていきます。痛みが持続していると心や体をリラックスさせる副交感神経よりも戦いの神経をもよばれ、心や体を興奮状態にする交感神経が優位になります。そうなると心や体が休まる時間が減ってしまいます。

慢性的な痛みをやわらげていくには、「痛みが減った。体が楽になった」という成功体験を積んで行き、脳を変化させていくことが大事です。

4ー2:自分に合った腰痛対策をする

いろんな腰痛対策の器具を試しては断念を繰り返している方でも簡単です。

ただ腰痛対策マットレスを敷いて寝るだけです。寝るだけならだれでもできます。
64万人の患者様の声から誕生した腰痛対策マットレス『ドクタータフィ』

運動が嫌い、姿勢を気をつけるのも続かない。そんな方でも寝るだけいいならできます。

慢性的な痛みには成功体験を重ねることが大事だとお話しました。

腰痛対策の器具を選ぶときも同じです。

実際に使ってみて「腰が楽になった。」

「昨日よりも腰の重さがなくて軽い」

「朝起きるとき腰が重くて、痛くてゆっくり起き上がっていたけど、すっきり起きられるようになった」

「朝起きて立ち上がるときの腰のつらさを感じなくなった」

というように成功体験を積み重ねることが大事なのです。

寝ている間に腰痛対策ができれば、腰痛改善のための運動や姿勢の修正をするきっかけになるかもしれません。



効果が感じられない場合でも安心の90日返金保障付きです。

試してみて成功体験がなければやめてもよいのです。

ドクタータフィは90日安心全額返金保証キャンペーン実施中

いろんな器具を使ってもだめだった方、やるだけやってみましょう。

 

まとめ

腰痛にお悩みでいろんな器具を試してみたけど続かない方、効果を感じられなかった方。腰痛対策マットレスは寝るだけでいいので簡単に続けることができます。悩んでいる方は試す価値ありますよ。

コメント