肩が痛くて上がらない。五十肩(肩関節周囲炎)の治し方、対処法

健康

高いところにある物を取ろうとしたら肩が上がらない、着替えをするときに腰に手が回らない、肩を動かすときに痛みがある。痛くて夜起きることがある。

そんな経験がある方。肩関節周囲炎いわゆる五十肩の症状かもしれません。

今回は40代、50代で起こりやすい肩の痛みの代表である肩関節周囲炎の治し方、対処法のお話です。

1.肩関節周囲炎、いわゆる五十肩って何?

1ー1:肩関節周囲炎、いわゆる五十肩とは

肩関節周囲炎とは文字通り、肩の関節の周りに炎症が起こり痛みや運動制限が出るものです。

中年以降、特に50歳代に多くみられるので一般的に五十肩と言われています。

年を取ったから肩が上がらなくなっただけだと簡単に考えてしまうかもしれませんが、その病態は多彩です。

関節は骨、軟骨、関節包(関節を覆う袋みたいなもの)、靭帯、腱などの組織が集まって構成されています。肩関節周囲炎は関節を構成する組織が加齢とともに劣化し肩関節の周囲に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

関節の動きを滑らかにするための滑液包(肩峰下滑液包)や関節包が癒着するとさらに動かしにくくなり拘縮や凍結肩を言われる状態になります。

1ー2:症状

肩関節に痛みと運動制限が出ます。どんな動作で痛みが出るのでしょうか。

代表的なのが結髪動作と結帯動作、そして挙上制限です。

⑴結髪動作

結髪動作とは髪を結ぶときの動作です。まず頭まで手を持って行くために肩を上げなければなりません。そこから、後頭部の髪を結ぶ場合、脇を開いて肘を曲げて手を後頭部まで移動させることになりますがそこで肩の外旋(外に捻ること)ができず痛みが出ます。

⑵結帯動作

結帯動作とは帯を結ぶときに動作です。和服を着るような仕事でない限り現代人で帯を結ぶことはあまりないと思います。この動作は女性であればスカートの後ろのボタンを止めたり、ブラジャーのホックを止めるときに使う動作です。また背中側のシャツをズボンに中にいれる動作も結帯動作になります。これは肩の上がりは少ないですが、内旋(内に捻る)が大きい動作であり痛みが出ます。

⑶挙上制限

腕を高く上げることを上肢挙上といいます。肩関節周囲炎ではこの挙上が制限され腕が上の方まで上がらなくなります。キッチンの高いところにある戸棚を開けて物を取ったり、洗濯物を物干し竿にひっかけるのがやりにくくなります。

2.肩関節周囲炎の正しい治し方、対処法

2ー1:痛みへの対処法

肩関節周囲炎は肩の周りの炎症です。炎症が起こるとその部位を休ませるため、守るために痛みが出ます。痛みは炎症が起こっている場所を動かさないために身体が発している警告です。

そのため痛みの強い急性期に炎症部位を動かすことは炎症を強めてしまうため避けなければなりません。この時期に最も大事なことは安静です。これが上手く行くと炎症が終わり回復へと向かって行きます。逆にこの時期に痛くても動かした方が早く治ると勘違いしてむやみな運動を行うと炎症を広げ症状を悪化させることが多くなります。

肩関節周囲炎の一つである石灰沈着性腱板炎の場合では、急性期に安静が保てれば、3日程度で安静時痛は軽減し、2週間程度から石灰自体が吸収されることが多いと言われています。

まずは痛めてから3日はとにかく安静を心がけましょう。

でも普通に生活していて肩を安静にするって難しいですよね。また、肩は動かしたくないけど手は使えないと不便です。どうすればよいのでしょうか。

座っているときであれば肘をテーブルなどに軽く乗せるだけで肩の安静が保ちやすくなります。歩くときであれば痛い方の肘を曲げて反対側の手で腕組みするように下から抱えると肩への負担が減らせます。

2ー2:夜間痛

急性期には夜間痛と言って就寝時の痛みに悩まされることもあります。

この夜間痛は肩の周りの異常な血管の増加が関係しているとも言われています。

日中は体を動かすので体温も高くなり、皮膚や肩の周りの筋肉にも血液の流れが増えます。しかし夜になると、活動量が減るため皮膚や筋肉への血液の流れが減ります。活動が減ることで気が紛れることも少なくなり痛みを感じやすくなります。

夜間痛の対処としては寝るときの姿勢に気をつけましょう。

仰向けで寝る場合はベッドと肩甲骨・上腕との間に折りたたんで厚みを持たせたバスタオルなどを敷き肩が背中側に落ち込まないようにしましょう。また、脇を少し開いた状態で肘を曲げ前腕から手にもタオルを敷くと安楽な姿勢が保てます。横向きで寝る場合は痛い側の手を上にして横になり厚めのクッションなどを抱きかかえるような姿勢を取るとよいです。

2ー3:痛みがなくなったらやること

痛みが出てから急性期の対処が上手に行えると2週間ほどで強い痛みが減り、痛みは少ないけど肩の周り凝り固まり腕が上がりにくかったり、結髪動作、結帯動作ができなかったりする、可動域制限が残ります。

この時期になったら痛みが強くならない範囲で肩の運動を行います。

挙上制限が残っている場合は棒体操が行いやすい運動です。肩幅以上の長めの棒を用意します。適当な棒がなければつっぱり棒や傘なんかでもよいです。痛みのない方の手で手伝ってあげながら上げられるところまで上げてゆっくり下げる運動を繰り返します。

結帯動作が制限されている場合は棒を腰に回して両手で持ち背骨に沿って肘を曲げながら上げられるところまで上げてゆっくり下げます。

細かいことは考えずに痛みがない範囲でよく動かしていただくことが大事になります。

自分で動かしていっても痛みと可動域制限が改善しない場合は整形外科を受診していただき、医師や理学療法士の指導を受けることをおすすめします。

まとめ

五十肩は自然治癒することが多い疾患ですが対処法を間違えると悪化して長引いてしまう場合もあります。そうなると可動域制限が残ってしまうこともあるので今回の記事を参考に正しく対処していただければと思います。

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

コメント