リハビリテーションと理学療法士と作業療法士の違いって何?

リハビリ

理学療法士のみなさん。リハビリって運動のことですか?理学療法士と作業療法士ってどこが違うんですか?

こんなことを患者さんに聞かれた経験のある方はいませんか?

そしてそれにしっかりと説明できたでしょうか。うまく説明できなかった方に今回のお話は参考になると思います。

1.リハビリテーションとは

1ー1:言葉の整理

【リハビリテーション:Rehabilitation=リハビリ】

   ・re :「再び、もう一度」

・habilis:「適した、ふさわしい」を意味するラテン語の形容詞

・-ation:「~すること」

再びふさわしいものにすること」を意味する用語です。

リハビリテーションとは「もう一度能力を回復して社会生活に適合するための過程」

=「社会復帰、社会参加への手助け」

リハビリテーションとは「対象者や障害者が可能な限り人間らしく生きる権利を回復するという理念のもとで、日常生活活動(ADL)の自立と生活の質(QOL)の向上を目指して、社会的不利を克服するための援助である」と考えることができます。

1ー2:理学療法、作業療法=リハビリテーションであるという誤解

理学療法、作業療法はリハビリの一部でしかありません。

リハビリは医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、ケースワーカーなどあらゆる職種がその専門性を活かして患者さんの社会復帰に向けて援助する一連の過程です。

2.理学療法士とは

2ー1:法律による定義

理学療法士、作業療法士の業務は「理学療法士及び作業療法士法」という法律によって適正に行われるようになっています。

この法律で「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。とされています。

2ー2:対象、目的、方法

上記の法律を細かく見て行くと、

理学療法はその対象を「身体に障害のある者」

目的は「基本的動作能力の回復」

方法は「治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段」ということになります。

治療体操その他の運動が「運動療法」であり、電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段が「物理療法」といわれるものです。

まとめると理学療法士は運動療法と物理療法を武器に基本的動作能力の回復を目指す専門家です。

2ー3:基本的動作とは

基本的動作とは寝返り、座位、立位、歩行、その他移動動作のことを指します。これはただ単語が並べられているわけではなく寝返り~歩行までの順序性があります。

ベッドに寝ている状態を想像してください。そこから寝返りも起き上がりもせずにいきなり歩くのは無理ですよね。起き上がれるから座れて立てて歩けるわけです。それを順序性といいます。

そのため理学療法士は動作を観察する際寝返りから歩行に至るまでの動作をすべて見る必要があります。

3.作業療法士とは

3ー1:法律による定義

法律では「作業療法」とは、身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせることをいう。

とされています。

3ー2:対象、目的、方法

理学療法士同様にこれも細かく見て行くと

作業療法はその対象を「身体又は精神に障害のある者」

目的は「応用的動作能力又は社会適応能力の回復」

方法は「手芸、工作その他の作業」ということになります。

まとめると作業療法士は手芸、工作などの作業療法を武器に応用的動作能力や社会適応能力の回復を目指す専門家です。

3ー3:応用的動作とは

応用的動作とは①整容動作、②食事動作、③更衣動作、④トイレ動作、⑤入浴動作、⑥書字動作のこと指します。

応用的動作とは、基本的動作の目的達成のために使用される動作で、日常生活動作と同じ意味です。

・日常生活動作(ADL:Activities of Daily Living)

   ADLとは、一人の人間が独立して生活するために行う基本的な、しかも各人ともに共通に毎日繰り返される一連の身体動作群をいう。(=Self-care:身の回り動作)

応用的動作には基本的動作のように順序性はありません。更衣(着替え)をしてからでないとトイレに行けないってことはないですよね。

3ー4:社会適応能力とは

日本作業療法士協会によると社会適応能力とは「地域活動への参加、就労・就学」とあります。

社会適応能力とは範囲が広くてなかなか捉えにくい言葉ですが、社会に適応するために、仕事をするための能力、学生であれば勉強するための能力、なにかしら役割を持つための能力といえます。

4.理学療法士と作業療法士の違い

   ①対象;

    理学療法士が身体障害者であるのに対し、作業療法士は加えて精神障害者を含む。 

   ②目的

    理学療法士は基本的動作能力の回復、作業療法士は応用的動作能力と社会適応能力の回復

   ③治療手段

    理学療法士は治療体操その他の運動(運動療法)と電気刺激・マッサージ・温熱その他の物理的手段(物理療法)

    作業療法士は手芸・工作その他の作業(作業療法)

「理学療法士だから足を動かします。作業療法士だから手を動かします。」とか動かす部位で分けているわけではなく、最終的にどんな動作をよくしたいか。歩けるようにしたいのか、トイレで排泄できるようにしたいのかが重要です。

歩くのは基本的動作なので理学療法士の、トイレ動作は応用的動作なので作業療法士の守備範囲です。

細かく見るとトイレで排泄するときに便座に立ったり座ったりするのは理学療法士、立った状態でズボンと下着を上げ下げしたり、手を洗ったりは作業療法士となり両者が協力してそれぞれの役割を果たすことで患者さんの社会復帰を援助すること(リハビリテーション)が可能になります。

まとめ

リハビリ、理学療法、作業療法って意識しないと知らず知らずのうちに境界が曖昧になったり、自分のやっていることがブレたりしますよね。

私は5年目くらいまでしっかり意識してませんでした。足は理学療法士、手は作業療法士って思ってた時期もありました。

でもそれじゃだめだと気付いて言葉を整理して理学療法士としてやるべきことを明確にしていくと患者への接し方も変わります。医師や看護師にもこの人は何をやる人だって認識されやすくなります。

過去の私にように患者さんにうまく説明できなかった方、是非参考にしてください。

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

コメント