プロフィール

プロフィール プロフィール

○自己紹介

はじめまして。ブログをご覧いただきありがとうございます。

「リハブロ」運営者の理学療法士(PT)yasuoです。

1987年生まれ、三兄弟の真ん中。夫婦共働きで二児の父です。

◎趣味

【マラソン】

 2018年に富山マラソンで初フル完走しました。タイムは5時間11分です。5km、10kmの小規模な大会にもちょこちょこ参加してます。走ると無心になれるところが好きです。目標は30代のうちにサブスリー。

【熱帯魚】

 ネオンテトラ、グッピー、ミッキーマウスプラティ、オトシンクルスを飼育してます。すぐに増えるコケと格闘しながらわからないことはその都度ネットで調べて継続してます。

【読書

 理学療法士という仕事柄、論文や参考書を読む機会があり読解力をつけたいと思い読書をするようになりました。元々本が嫌いではなかったのですがサッカー元日本代表の長谷部誠選手の「心を整える」を読んで読書の大切さを知り今も読むようになっています。

 心理学やビジネス書、お金や暮らしの本を読むのが好きです。純文学も読めるようになりたいですがまだまだ苦手意識があります

○なぜ理学療法士を目指したか

◎地味だった幼少期〜中学でけが

 保育園、小学生のころは人前に出るのが苦手で地味な少年でした。外で遊ぶより中でレゴやプラモデルをするのが好きでした。

 中学にあがると野球部に入部したことでそれまでよりは活発になりましたがすごく目立つタイプでもなく平凡な生徒だったと思います。

 中学の野球の試合中膝の靭帯断裂をして手術したことで理学療法を経験することになり理学療法士の仕事に興味を持つようになりました。

 高校に入学してから野球はやめてしまいましたが何もすることがなかったのでアルバイトをすることにしました。

◎高校から始めたアルバイト

 焼肉屋、インターネットカフェ、イベント派遣、引越し屋、など色々な分野の仕事に触れることができました。飲食店は接客業を学ぶことができて嫌いではないなーと思いましたが横暴な態度のお客さんもいて一生続けて行くには精神的にきつい。引越し屋の経験は一度だけでしたが1階から5階までダンボール2つ持って何度も往復しものすごく疲れました。これは体力的にかなりきつい。二度とやらないと決めました。

 色々とアルバイトを経験するなかで人の役に立つ仕事がしたい、感謝される仕事ってやりがいありそうだよな~と思うようになり、元々興味を持っていたこともあり理学療法士を目指すことにしました。

理学療法士の専門学校を卒業し、国家試験にも無事合格し理学療法士として働くことになりました。

○理学療法士なってから現在に至るまで

 はじめに就職したのは一般病棟、回復期病棟、外来リハのある病院でした。回復期病棟に配属されました。1年目は毎日のように大小様々なミスを起こすようなできない新人でした。

 仕事にもそれなりに慣れてきた3年目に一般病棟と外来に異動になり回復期ではみれなかった整形の手術直後や内科疾患の患者さんもみれるようになりました。

 外来も兼務しており肩や腰の患者さんも見る機会が増え関節の治療技術に興味を持ち始めます。興味は持つも基礎コースを受講しただけでその後の継続はなくのめり込んでやっていませんでした。

 5年目に総合病院に転職。そこで関節の治療技術を使っている先輩に出会い熱をいれてまたやるようになります。

 さらに前職では関わることのなかった人工呼吸器管理中の患者さんや呼吸器疾患の患者さんに携わようになり3学会合同呼吸療法認定士の資格もとりました。脳血管疾患やがん終末期の患者さんも多く経験させていただきました。

 現在はまた職場を変え整形の有床クリニックに勤務しています。

○当ブログで伝えたいこと

 理学療法士として働く上で必要なリハビリや健康に関する情報情報を発信したいと考えます。

 どうぞよろしくお願いします。

コメント